会員各位 2013年8月19日

【注意喚起】インターネットバンキング不正送金被害にあわないために


 インターネットバンキングに係る不正送金事案は、今年に入り被害が急増し、年間被害額が過去最悪を記録した平成23年の約3億800万円を大きく上回り、8月8日現在、被害件数445件、約4億1,600万円の被害となっており、危機的な状況にあります。また、三重県内では7月末現在、3件、約230万円の被害発生となっております。

 この犯行は、インターネットバンキング利用者のパソコンをウイルスに感染させ、送金に必要なID・パスワード等を不正取得した上で、事前に準備した銀行口座に不正送金する手口が主であり、この不正送金先の約7割が中国人名義の口座となっております。

 お客様におかれましては、下記のような対策を行い、インターネットバンキング不正送金被害にあわれないようご注意ください。

 
●パソコン対策
  1. ウイルス対策ソフトを必ず導入し最新の状態にアップデートしましょう。
  2. パソコンのOSを含むプログラムを最新の状態にアップグレードしましょう。
 
●インターネットバンキング対策
  1. ワンタイムパスワードを利用しましょう。
    (ワンタイムパスワード= 1回で無効となる使い捨てのパスワード)
  2. 金融機関が提供しているセキュリティ対策サービスを利用しましょう。
  3. ウイルス感染に備え、口座の送金限度額引き下げを検討しましょう。
 
以上、よろしくお願いいたします。
 

(株)ケー・アイ・ピー

電話 0594-37-0570
FAX 0594-37-0571

E-Mail: info@kip.ne.jp
URL:  http://www.kuwana.ne.jp/kip/



  お問い合わせは info@kip.ne.jpまで