七里の渡し 県指定史跡


七里の渡し 遠い古に、思いを馳せて…

揖斐川河口にあり、東海道五十三次の四十二番目の宿桑名の玄関として尾張熱田の宮から海路七里あったところから俗に「七里の渡し」と言われました。これより伊勢路に入るためこの大鳥居は「伊勢の国一の鳥居」と称されています。

アクセスマップ


前のページに戻る